Phone >>> •

約2週間日本にいる間、私は一度だけ警察を見ました!

側面に沿って国側では、そこに大規模なオープン側溝各側面上の道路。

多くの車両がホームに近い道路脇に駐車されています。 image 交通事故は、ここでは一般的ではないですが、あなたがそれらを見ることがない場合でも、警察、救急車や火災のトラックは、容易に入手可能です。これはただのアウトバーンのように、高速のトラフィックのカメラがあなたのチケットの家を郵送しますので、あなたの車をアウトバーンしても大丈夫であることを意味するものではありません。道路は真剣によく維持されています!



なたが運転する場合は、AAAからの国際ライセンスを持つ日本では。読み続けながら、まず第一の駆動が道路の左側に行われるため、できるだけ早くあなたがそこに着くように駆動しようとしないでください。注:地下鉄や列車は、特に都市間の、周りを取得するための非常に効率的です。まず、標識や道路標示が非常に優れているにもかかわらず、左折はまだ威圧することができ作るので、他の誰かによって駆動されながら自分が使い慣れたと快適になることができます。

ほぼすべての道路標識は英語/日本語です - あなたは日本の道路標識を読むことができなく心配している場合は、心配する必要はありません。しかし、一時停止の標識が通常の八角形の記号が、その代わりに赤い三角形ではないことに注意してください

日本の人々はまだ安全性の認識を損なうことなく、うまく仕事を得る非常に小さな車を運転する傾向があります。道路は駐車スペースも小さく、したがって小さい、覚えておいてください。角度の駐車場は、誰もが宇宙にバックアップすることを観察したとき。あなたの後ろに何かを打つ心配しないで、車輪止めはあまりバックアップする場合があります。

東京地下鉄の駅 おそらく世界最大の地下鉄システムです。 Buしかし、その大きなサイズは、周りを取得にもかかわらず、一回のチケットを持っているが、利用可能な複数のマップを使用する方法を理解しやすいです。. image もう一度、ほぼすべての記号は、英語の指示を含んでいます。 英語が本当に日本でどのように普及して興味深いです。 英語はどこにでもあります。 新幹線、ホテル、スーパーマーケット、ショッピングモール-それはバス、トラック、列車のです。すべての兆候が英語であるために実際の問題として、より高級な店やショッピングセンターは、より多くの可能性が高いことがあります。 ホテル予約は、1つの例外を除いかもしれません。

諸島と比較

I日本では警察(keikan)は、人々が彼らのpresenseのための隅々をチェックせずにドライブすることができます。これは、ドイツでも同様ですが、ドライバは、高速カメラについて非常にリアリーです。

米国と比較すると

学習した運転行動を整形または変更することは困難であるため、-Safer運転アイデアをお読みください - 以下の米国のすべてのための道路をより安全にする方法については。

ドイツとの比較

ドイツ人ははるかに強力な車を所有し、多くの場合、おそらく多くの場合、大規模な山脈やトンネルによって中断されていない広い道路に、はるかに高速ドライブ。

image

ここでは地元の駅で見られるのinterstingサインです。これは、女性は男性だけのための女性と青赤席(赤で車をocupy日本の標準であることを意味します。

安全運転のアイデア
再形成するか学習運転行動を変えることは困難であるため、ここで私たちのすべてのための道路をより安全にする方法についていくつかの提案があります:ドライバは、道路が違法中心線の左を通過させるための部屋を許可していないときに共連れ避けることができます。 二重黄色の線の間に視認性の高い極を - これは、半柔軟かつ着脱可能な起立することによって達成することができます。 これは、まだ彼らはランブルストリップのように作用するため、積極的な運転行動を落胆しながら、商用車は道路全体を使用することができます。

次に、単一のレーンがある農村道路上で、通過ゾーンの道を広げることで、より遅い車の間隔通過ゾーンを許可しています。

赤色光カメラを取り外し、スピードカメラに置き換えます。赤色光カメラを立てることが必要であった同じ交差点で(約125フィートの前に)制限速度を低減することにより、同行する必要があります。これは、これらの同一の交差部に後端衝突の数を減少させます。

また、ドライバーは速度の低下が交差点を高速化するためにチェックが入っされる前に投稿されましたので、赤色光を通過させるための発券されているときに、システムの犠牲として感じることはありません。

あなたはGPSカメラ警告システムを持っている場合を除き、赤色光カメラのチケットは、多くの場合、ほとんどのドライバーには驚きです。

提案の数が十分でない場合は十分後、赤色光を実行するためにも、交差点を高速化し、ためにチケットにカメラを装備。このように誰もシステムを破って考えるません。

すべてが大きくたい人間の本性です。 これは、自動車が含まれています。 エンジン排気量/電力に基づいて、車両のための付加価値税があるはずです。 また、 automobil小さい車を購入するための環境や省エネガス以外のインセンティブがなければなりません。 だから、HOV権限に加えて、小さい車は、標準的な通行料の価格を支払うから解放することができる、すべての後に、これらの車両は、道路上の負荷が少ないので、少ない道路修理を招きます。 セダン、クロスオーバー、ミニバン、SUV、バスやトラック:Infactはでは、自動車は「価格tolled」のみ車両タイプに基づくべきです。

これは、標準化とドライバが通行料を支払う前に見るの料金所に掲示なるはずです。そして、最後に、小さい車両で状態検査は、軽量のため減少リフト・コストに少ない原因かかるはず。 駆動戦闘活動として認識されるべきではないことを、日本をチェックアウトするのではなく、道路や理解の他のユーザーのための私達の尊重 - それは、我々はそれが私たちが安全になる車ものではありません。